LINEで送る

飲水は、水を飲むことで水分補給

水

アンチエイジングとは、加齢による体の衰えをできるだけ少なくすることです。わかりやすく言うと、いつも若くいたいということです。詳しい老化のメカニズムはまだ解明されていません。ただいえることとして、細胞機能の低下、免疫力の低下、ホルモンレベルの低下などが原因だといわれています。アンチエイジングの考えでは、飲水の飲み方も影響します。飲水を行うとは、水を飲むことです。水分を補給することとは違います。人間の体にとって水を飲むことがいかに重要かがわかりますか。ほとんどの病気の原因は、体細胞の慢性的な水不足のせいです。飲水は、アンチエイジングをするうえで欠かせない行為です。水の飲み方は、体重を目安にしてください。体重の30分の1から50分の1の水を飲むのがいいといわれています。60㎏の人は、2リットルの水を飲むのが理想的です。飲み方としては、毎食30分前に1杯、2時間後にグラス1杯の水を飲むことです。水分補給とは違いますので利尿作用のあるカフェインを含む飲料は、飲水にはならないので注意が必要です。はじめから、そんなには飲めないという人は、1日コップ3杯の水から始めて、徐々に量を増やしていけば必ず効果が出てくるはずです。

 

↑PAGE TOP