LINEで送る

飲水を白湯に切り替えてみよう

水

人の身体は70%が水分で構成されており、日常生活を送る上で飲水は絶対に欠かせません。美容に睡眠が深く関わっているのと同様、普段どんな水を飲んでいるかもまたアンチエイジングに欠かせない要素です。ではどんな水が効果的かというと、体温(36度前後)程度に温めた白湯が好ましいとされており、常温(季節によって変わりますが約8度~25度で変動します)の水をそのまま飲んだのでは体温が下がってしまい、微妙な温度低下とはいえこれを元に戻すのに肉体に負荷が掛かってしまうためだとされています。白湯の飲水は代謝をアップして体内の毒素を排出する働きを持ち、アンチエイジングに効果があるとされており、健康に気を使う海外のセレブも好んで飲むほどです。白湯の作り方は、やかんに水を張って沸騰させ、グツグツと15分間ほど煮立たせてから冷まして出来上がり。保温ポットなどに入れておいて、都度飲水に用いると良いです。ちょっとぬるいかもしれませんが、コーヒーのお湯として使ったり、また身体を温めるショウガの摩り下ろしたものや粉末にしたものを入れて飲むと、身体がポカポカとして気持ち良いです。身近にありすぎて意外と目の届かなかった白湯でしたが、このように飲み物を見直してみることで効果的なアンチエイジングが望めます。体温調整にエネルギーを割かずに済むため、疲労感にも違いがでてくるでしょう。

 

↑PAGE TOP